沿革

1920年〜
1922年(大正11年)
横山被次郎が宮崎県日南市より上京 宮崎での船大工としての技術をいかし、渋谷区不動通町にて風呂桶などの木工製作所を創業
1929年(昭和4年)
渋谷区代々木に店舗を移転
井戸、ポンプ工事に移行していく
1931年(昭和6年)
新宿区十二社に店舗を移転
1934年(昭和9年)
杉並区堀之内に店舗新築・移転
1940年〜
1940年(昭和15年)
被次郎長男、喜八郎が入社
戦時中
喜八郎は警視庁消防官の任を受け消防にて勤務
ポンプ、給排水設備の最新技術を会得する
1945年(昭和20年)
終戦とともに喜八郎が会社復帰
東京都水道局責任技術者資格を取得
1946年(昭和21年)
東京都水道局公認店となる
1947年(昭和22年)
横山ポンプ水道工業株式会社設立
代表取締役社長 横山被次郎 専務取締役 横山喜八郎
空気調和給排水衛生総合設備業を営業品目とする
1951年(昭和26年)
横山設備工業株式会社へ社名変更
1952年(昭和27年)
日本橋芳町に本社移転
1960年〜
1963年(昭和38年)
現在地に本社ビル新築・移転
1969年(昭和44年)
横山喜八郎が代表取締役社長に就任
1973年(昭和48年)
創業50周年記念祝賀会を帝国ホテル富士の間大ホールにて開催
 
日本銀行 元理事(商工組合中央金庫 元副理事長) 佐藤鐶氏
日本勧業銀行(現みずほ銀行) 元専務取締役 江口練太郎氏
東京銀行(現三菱東京UFJ銀行) 元副頭取 木暮治氏
を顧問として迎える
1990年〜
1993年(平成5年)
横山哲三が代表取締役社長に就任
2013年(平成25年)
本社ビルを耐震改修全面リニューアル